読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現実の経済を前提とした経済原理

あなた自身の経験に照らし合わせて確かめてください

目次

序文:知について 
序章 
第一部:経済とは「助け合い」である。 
1 経済=互助の提示 
2 市場経済における互助の仕組み 
第二部:助け合いで紐解く人類史 
3 原始(数百万年前~) 
4 定住(約1万3000年前~) 
5 強制:争いの時代 
6 取引:無意識の助け合い 
7 動力:新たな労働力 
8 発展に反するネガティブな歴史 
9 まとめ 
第三部:経済の仕組み 
10 助け合いのメリット 
11 生産 
12 方向性 
13 助け合いの仕方 
14 助け合いの範囲 
15 貨幣:助け合いの媒介物 
16 現在の経済の仕組み 
17 まとめ 
第四部:新たなる解 
18 価値のパラドックス:二つの側面 
19 計画経済と市場経済:価値観と判断力 
20 失業 
第五部:経済学の現実 
21 経済学批判 
22 本論の位置づけ 
23 結論 
まとめ 
謝辞 
参考文献 

 

『現実の経済と経済学の現実:社会科学のコペルニクス革命』

download版:kindle 249円(税込)

書籍版:5/15発売 1944円(税込)