読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現実の経済を前提とした経済原理

あなた自身の経験に照らし合わせて確かめてください

参考文献

Basu, Dipak R. (1996) ”Causes of the collapse of the Soviet System - a critical analysis”『經營と經濟』75(3-4)、長崎工業經營專門學校大東亞經濟研究所、113-142頁

Darrow, M. & A. Tomas (2005). ”Capture, and conflict: A call for Human Rights accountability in development Cooperation. Human Rights Quarterly. 27(2). pp. 471-538

Lawson, T. (1997). Economics & reality. London and New York: Routledge.

Shaw, G. Bernard (2008). Burkey, Ron re-ed. MAN AND SUPERMAN: A COMEDY AND A PHILOSOPHY. Indiana: Eve Sobol. http://www.sandroid.org/GutenMark/wasftp.GutenMark/MarkedTexts/mands10.pdf 2016年9月26日確認

Vugt, M. V.,R. Hogan & R. Kaiser (2008). ”Leadership, followership and evolution: Some lessons from the Past.” American Psychologist. 63(3). pp. 182-196

青柳正規(2009)『興亡の世界史:第00巻 人類文明の黎明と暮れ方』講談社

アタリ, J. (1994)山内昶 訳『所有の歴史: 本義にも転義にも.』法政大学出版局

井澤秀紀(2011)「経済と経済学の語源について」『RIEBニュースレター』103、神戸大学経済経営研究所

伊丹敬之・加護野忠男(2003)『ゼミナール 経営学入門』第3版、日本経済新聞社

伊藤俊太郎(1996)「総論1 文明の画期と環境変動」伊藤俊太郎・安田義憲 編『地球と文明の画期』(講座 文明と環境)第2巻、朝倉書店、1-10頁

伊藤誠(1995)『市場経済社会主義平凡社

上宮正一郎(1988)「「価値のパラドックス」問題に関するノート(野尻武敏博士記念号)」『国民経済雑誌』158(3)、神戸大学経済経営学会、95-113頁

ヴォ―ン, カレン I. (2000)渡部茂・中島正人 訳『オーストリア経済学 : アメリカにおけるその発展』学文社

岡村秀典(1998)「農耕社会と文明の形成」『岩波講座 世界歴史』第3巻、岩波書店、 77-102頁

尾近裕幸・橋本努編著(2003)『オーストリア学派の経済学 : 体系的序説』日本経済評論社

金井雄一・中西聡・福澤直樹 編(2010)『世界経済の歴史:グローバル経済史入門』名古屋大学出版会

川西宏幸(1996)「エジプトにおける都市文明の誕生」金崎恕・川西宏幸 編『都市と文明』(講座 文明と環境)第4巻、朝倉書店、42-62頁

ギボン, エドワード(2008)中倉玄喜 編訳『新訳 ローマ帝国衰亡史 普及版』PHP研究所

木村凌二・鶴間和幸(1998)「帝国と支配:古代の遺産」『岩波講座 世界歴史』第5巻、岩波書店、3-59頁

クーン, トーマス S. (1995)常石敬一 訳、『コペルニクス革命』、第8刷、講談社

栗本真一郎(1995)『経済人類学を学ぶ』有斐閣選書

クルーグマン, ポール,R.(2000)山岡洋一 訳『良い経済学悪い経済学』日本経済新聞社

後藤明(2005)「オセアニア島嶼部における生計戦略の長期過程」岩崎卓也 編代『食糧獲得社会の考古学』(現代の考古学2)朝倉書店、150-167頁

神戸大学経営学研究科研究室 編(1988)「X-Y理論」『経営学大辞典』第2版、中央経済社、41頁

小林久高(1991-1992)「社会規範の意味について」『社会学評論』42 (1)、32-46頁

佐原真(1999)「日本・世界の戦争の起源」福井勝義・春成秀爾 編『人類にとって戦いとは1:戦いの進化と国家の生成』東洋書林、58-100頁

塩野七生(1992-2006)『ローマ人の物語』全15冊、新潮社

志田明「限界効用」『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館https://kotobank.jp/word/%E9%99%90%E7%95%8C%E5%8A%B9%E7%94%A8-60292#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29、 2015年12月10日アクセス

スタブリアノス, L. S. (1991)猿谷要 監訳・斎藤元一 訳『新・世界の歴史:環境・男女関係・社会・戦争からみた世界史』桐原書店

周藤芳幸(2006)『古代ギリシア 地中海への展開』(諸文明の起源7)京都大学学術出版会.

スミス, アダム(2000-2001)杉山忠平 訳『国富論岩波書店

ダイアモンド, ジャレド (2010). 倉骨彰 訳『銃・病原菌・鉄:一万三000年にわたる人類史の謎』、上・下巻、第15刷、草思社

高野研一(2016)『カリスマ経営者の名著を読む』日本経済新聞出版社

高畑由起夫(1999)「競争・争い・暴力の進化:ヒト以外の霊長類の場合」、福井勝義・春成秀爾 編『人類にとって戦いとは1:戦いの進化と国家の生成』、東洋書林、12-32頁

高宮いづみ(1998)「ナカダ文化論:ナイル河流域における初期国家の形成」『岩波講座 世界歴史』第2巻、岩波書店、125-144頁

ダンカン, ジョン(2011)田淵健太 訳『知性誕生:器から宇宙船までを生み出した驚異のシステムの起源』、早川書房

鶴間和幸(1998)「中華の形成と東方世界」『岩波講座 世界歴史』第3巻、岩波書店、 3-76頁

デイヴィス,ウイリアム H. (1990) 赤木昭夫 訳『パースの認識論』産業図書

トダロ, M. P. (1997)OCDI開発経済研究会 訳『M・トダロの開発経済学』国際協力出版

トヨタ自動車WEBサイト、「クルマはどうやってつくるの」https://www.toyota.co.jp/jp/kids/car/cooperation.html、2016年9月23日確認

中村晃紀(1990)「法と事実」『法哲学綱要』青林書院、25-46頁

中村修也(2005)『日本古代商業史の研究』(思文閣史学叢書)思文閣出版

中村直美(1990)「法と道徳」『法哲学綱要』青林書院、111-133頁

西秋良宏(2005)「初期人類の食糧獲得戦略」岩崎卓也 編代『食糧獲得社会の考古学』(現代の考古学2)朝倉書店、238-258頁

西田正規(2007)『人類史のなかの定住革命』講談社学術文庫

西部忠(1993a)『社会主義経済計算論争の市場像 : 経済の調整と組織化』、博士論文、北海道大学、1993年3月。http://hdl.handle.net/2115/32896

―――(1993b)「社会的制度としての市場像 : 社会主義経済計算論争をめぐるハイエクとポランニーの市場像」伊藤誠・小幡道昭 編『市場経済の学史的検討』社会評論社、237-277頁

野家啓一(1998)『クーン:パラダイム』(現代思想の冒険者たち24)第2刷、講談社

ハイエク, フリードリッヒ A. フォン(1986)田中真晴・田中秀夫 編訳「社会における知識の利用」『市場・知識・自由 : 自由主義の経済思想』ミネルヴァ書房

――― (1990)嘉治元郎・嘉治佐代 訳『個人主義と経済秩序』春秋社

ハイルブローナー, ロバート L.(1996)中村達也吉田利子 訳『二十一世紀の資本主義』ダイヤモンド社

パターソン, オーランド(1982)奥田暁子 訳『世界の奴隷制の歴史』(世界人権問題叢書41)、明石書店

羽生淳子(2005)「北米北西海岸とカリフォルニアの狩猟採集民」第10章、岩崎卓也 編代『食糧獲得社会の考古学』(現代の考古学2)朝倉書店、222-237頁

林俊雄(1998)「草原遊牧文明論」『岩波講座 世界歴史』第3巻、岩波書店、125-149頁

フォード,ヘンリー(2000)豊土栄訳『ヘンリー・フォード著作集』上下、創英社・三省堂書店

福井勝義(1999)「戦いの進化と民族の生存戦略福井勝義・春成秀爾 編『人類にとって戦いとは1:戦いの進化と国家の生成』東洋書林、161-184頁

フクヤマ, フランシス(2013)会田 弘継 訳『政治の起源』,上・下巻、講談社

藤井純夫(1998)「「肥沃な三日月地帯」の外側:ヒツジ以前・ヒツジ以後の内陸部乾燥地帯」『岩波講座 世界歴史』第2巻、岩波書店、97-124頁

ポランニー, カール (2009) 野口建彦・栖原学 訳『大転換:市場社会の形成と崩壊』東洋経済新報社

松木武彦(2009)『進化考古学の大冒険』、新潮社

松本健(1996a)「4 メソポタミア文明の興亡と画期」伊藤俊太郎・安田義憲 編『地球と文明の画期』(講座 文明と環境)朝倉書店、91-103頁

―――(1996b)「メソポタミアにおける都市文明の誕生」金崎恕・川西宏幸 編『都市と文明』(講座 文明と環境)第4巻、朝倉書店、30-41頁

松村明 監修(1995)『大辞林』第2版、三省堂

―――編(1998)『大辞泉』(増補・新装版)、小学館

松村良平(2007)「経営学の科学哲学的位置づけについて」『経営論集』70、東洋大学、61-76頁

マルクス(1975)望月清司 訳『ゴータ綱領批判』岩波書店

マンキュー, N. グレゴリー(2014)足立英之 他訳『マンキュー入門経済学』第二版、東洋経済新報社

ミーゼス, ルドウィグ フォン(1991)村田稔雄 訳『ヒューマン・アクション』春秋社

三島淑臣(1980)『法思想史』(現代法律学講座3)青林書院

宮脇淳子(2002)『モンゴルの歴史:遊牧民の誕生からモンゴル国まで』刀水書房

宮本弘曉(2015)「摩擦的失業と構造的失業」『日本労働研究雑誌』657、70-71頁

メンガー, カール(1982-1984)八木紀一郎 他訳『一般理論経済学』1・2,みすず書房

モース、マルセス(2014)森山工 訳『贈与論 他二編』岩波書店

安田善憲(2014)『一万年前:気候大変動による食糧革命、そして文明誕生へ』イースト・プレス

山崎弘之(1985)「経済学と主観主義:イギリス経験主義とカントを中心として」『國士舘大學政經論叢』60(2)、国士舘大学政経学会、27-56頁

ラヴォイ, ドン(1999)吉田靖彦 訳『社会主義経済計算論争再考 : 対抗と集権的計画編成』青山社

ランゲ, オスカル(1970)都留重人 他訳『経済発展と社会の進歩』岩波書店

ロジャーズ, Nigel. (2013)田中 敦子 訳『ローマ帝国大図鑑:ヨーロッパの歴史への道は全てローマ帝国に通ずる』ガイア ブックス

若田部昌澄(2004-2003)『経済学者たちの闘い:エコノミクスの考古学』第五刷、東洋経済新報社

渡辺利夫(2010)『開発経済学入門』東洋経済新報社

 

『現実の経済と経済学の現実:社会科学のコペルニクス革命』

download版:kindle 249円(税込)

書籍版:5/15発売 1944円(税込)